部活にお金がかかるは本当だった!

“お金”を整える

公立中学の吹奏楽部に入部

公立中学の吹部でも出費はそこそこ…
中学生になると部活がはじまりますよね。
入部必須ではない学校もありますが、
上の子が通う公立中学では、必ず1つ部活に入らなければいけません。

部活選びと同時に、親として気になるのが、お金のことですよね。

ぱんだ家の上の子は、運動部ではなく、
吹奏楽部に入部しましたが、
今回は、1年でどれくらいお金がかかっているのか、
振り返ってみたいと思います。

1年間の部活にかかった費用は…約8万円!

部活の出費メモ
今年1年、部活でかかった費用を並べてみます。
※金額はわかりやすく端数は切り捨てたりしています。
部活の年会費   2万円   
チューナー&マイク 4700円
楽譜5000円
講習会費用4500円
コンクールチケット&パンフ4200円
衣裳(ローファー&Yシャツ&Tシャツ)1万800円
マウスピース1万3500円
リード6000円
リガチャー(リードを止める金具)8000円
その他3500円
合計8万200円
11月現在で、約8万!
ちょこちょこ支払っていたので、気にしていませんでしたが、
意外とかかっていた印象です。

運動部であったり、強豪校であればもっとかかるでしょうが、
公立の吹奏楽部でもそこそこかかりますね…。

特に口元にリードという木の板を使う木管楽器は、
リード代がコンスタントにかかります。
クラリネットの場合、1箱10枚入り約3000円。

また、リードは天然素材のため、1枚1枚に個体差があり、
10枚の中でも、使えるのは4~5枚あればいい方…。

最近は、樹脂製のリードもあり、持ちはいいそうですが、
まだ良いリードを選ぶ力が、うちの子にはないため、試していません。

コスパは樹脂製の方が良さそうなので、
練習用として来年あたり使ってみようかなぁ。

個人レッスンは年間8万円超

クラリネットの個人レッスンも…
さらに、うちの子の場合、
外部の先生の個人レッスンを受けたいとのことで、
月2回、計7000円のレッスン代がかかっています。

レッスン代は1時間3500円と、
実に良心的な価格で申し訳ないくらいなのですが、
年間にすると8万4000円。
部活の経費と合計すると16万超。

実は、ぱんだママも子どもの頃、
ピアノを習っていて、中学では吹部に入り、
高校ではピアノのレッスン+音大予備校で月に3万円ほど。
大学もピアノ科に進学しましたが、中退…。

音楽の世界の厳しさを知っているだけに、
わが子を音大に進学させたいという気持ちはありません。

ただ、以上のようにお金はかかりますが、
子どもの「音楽が好き」という気持ちはできるだけ応援したいと思っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました